【邦楽ロック】2018年バズる!おすすめインディーズバンド50選

シェアする

2018年、個人的にバズると思うバンド50選

Down the Rabbit-Hole

Friday Night Club Song



大阪堺が誇るメロディックバンド。通称ダウラビ。

個人的に「Cメロ」が最強なバンドです。もちろんサビ含め全部いいんだけど。

そしてダウラビのライブやMCには本当に嘘がない。

経験に裏打ちされたふっとい芯があります。彼らがライブで滑ったところを僕は見たことがない。

公式HP Down the Rabbit-Holeオフィシャルサイト
公式Twitter @DtRH_Official

DYINGDAY

611



昨年こちらの記事で紹介させていただいた大阪堺のメロディックパンクバンドDYINGDAY。
年々ライブの攻撃力も増していき、2月14日には初のシングルを全国リリース。

5月には昨年初めてBIGCATで開催した自主企画「Battle of Main Dish -SP-」を今年も開催。

間髪いれずに6月6日、Pendulumをリリースし全国ツアーがスタート!

“ただ速いだけじゃない”メロディックバンドが今年も全国を駆け抜けます。

公式HP DYINGDAYオフィシャルサイト
公式Twitter @dyingday69

Five State Drive

Theme of FSD



2013年春結成の名古屋発スカパンクバンド。
自身初となるレコ発ツアーやオーディションを勝ち抜きFREEDOM NAGOYA 2017出演、カフェインボムツアーへの飛び入りなど、客観的に見てもとても濃い1年になったであろう2017年。

今年さらに飛躍することは間違いなさそうです!

公式HP Five State Driveオフィシャルサイト
公式Twitter @FiveStateDrive

FOOL THE PUBLIC

Awake



こちらの記事で紹介させていただいた徳島発のメロディックバンド。
昨年は1年ぶりとなる音源「Eclipse」をリリースし、ツアーもほぼ自主企画という形でかなり精力的な活動をしていた印象です。

2月14日には初シングルをリリース。2018年もド直球メロディックパンクを鳴らします!

公式HP FOOL THE PUBLICオフィシャルサイト
公式Twitter @FOOLxTHExPUBLIC

FREE CROSS

Ordinary Hero



秋田発のメロディックパンクバンド。こちらの記事で紹介させていただきました。
本当にフットワークが軽く、去年このバンドのことを知った人も多いのではないでしょうか。(軽すぎて何度か事故っていましたが…滝汗)

思わず拳をあげてしまうような切ないメロディックパンクが好きな方、今年も要注目ですよ!

公式HP FREE CROSSオフィシャルサイト
公式Twitter @FREECROSS_com

HAIR MONEY KIDS

Mr.good melody



こちらの記事で紹介させていただいた、岡山が誇るメロディックバンドHAIR MONEY KIDS。

岡山のHAIR MONEY KIDSは本当の"グッドメロディ"を鳴らす
岡山のHAIR MONEY KIDSは本当の"グッドメロディ"を鳴らす
グッドメロディっていう言葉。そのままの意味なんですけど、一口に言ってもいろいろなグッドメロディがあります。 日本人が好きなメロディ ...

昨年、TASTY RECORDSからAilet Recordsへの移籍を発表、2曲入りシングルをリリースしました。

2018年、8ビートの申し子がグッドメロディを全国にお届け!

公式HP HAIR MONEY KIDSオフィシャルサイト
公式Twitter @HAIRMONEYKIDS

Hump Back

星丘公園



孤高の歌うたい、林萌々子率いる3ピースガールズバンドHump Back。
彼女のこれまでの経歴に裏打ちされた歌詞はグッドメロディに乗って聴いてる人の心に刺さります。

もうバズってるじゃんて言われたら確かにそうなんですが、2018年今より確実に上のステージへ行くと思ったので入れさせていただきました。

公式HP Hump Backオフィシャルサイト
公式Twitter @_humpback_

INFOG

DON’T BLAME ME



このバンドもこちらの記事で紹介させていただきました。昨年、前Baが抜けてしまいましたが、元GREEDの雄大が加入し自主企画も積極的に開催。

しかしその後すぐにドラムとベースが相次いで脱退…。

ボーカルのyoshiyukiくんは現在弾き語りを続けつつメンバーを探しています。早くメンバーが見つかるといいのですが…。

抜群のメロディセンスに唯一無二のソウルフルなボーカルが合わさった良質メロディックパンクバンドの復活を待ちましょう!

公式HP INFOGオフィシャルサイト
公式Twitter @infog_official

KICKASSRAY

High Hopes



コアな人であれば既に注目しているであろう、金沢発のエモーショナルなポップパンクを鳴らす4ピースバンド。
2017年6月にリリースした新作カセットテープ「Bad Dream」(カセットってところがまたすごい)では、COUNTRY YARDのKeisaku “Sit” Matsu-uraをゲストボーカルに迎えた曲があったりなど、ベテランバンドからの評価も高いです。

驚くべきはこれだけのセンスがありながらまだ平均年齢が10代というところ。伸び代がありすぎる彼らの名前は今年もっと知られていくだろうと思います。

公式HP KICKASSRAYオフィシャルサイト
公式Twitter @ray_kickass

kobore

夜を抜け出して



東京府中発の新鋭ギターロックバンド。

昨年はEggs主催のオーディション「ワン!チャン!!」で見事グランプリを獲得。ビクターロック祭り2017に出演を果たし注目を集めました。

現在周っているツアーファイナルはTSUTAYA O-WESTということで、期待値はハンパないです。

平均年齢20歳、耳から離れない歌詞を哀愁たっぷりのメロディーに乗せて今を叫びます。

公式HP koboreオフィシャルサイト
公式Twitter @kobore_official