LEODRAT|大阪堺発、強さと優しさで心をつかむメロディックバンドの魅力や楽曲を紹介

シェアする

大阪の中でも独自のシーンが築かれている

その大阪堺をホームにするバンドの中でも、最近知名度を上げてきているLEODRATというバンドを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

LEODRATの基本データ

バンド名 LEODRAT(レオドラット)
メンバー L→R
ヤマナカ ユウヒ(Gt/Cho) / ワダ ナオキ(Ba/Cho) / キムラ ツカサ(Gt/Vo) / フルカワ タケヒロ(Dr/Cho)
公式HP https://leodratofficial.jimdo.com/
公式Twitter @leodrat

LEODRATのディスコグラフィ

Tidepool Singalong

gambit

発売日
2018年2月14日
価格
¥540(税込)
レーベル
LEODRAT
規格品番
LDD-003

※廃盤

TOWER RECORDS & imc限定販売

収録曲

  1. rebirth
  2. サザンクロス

Rats, Kids and You

発売日
2017年5月18日
価格
¥1,000(税込)
レーベル
LEODRAT
規格品番
LDD-002

※廃盤

大阪・堺発4ピースメロディックバンドLEODRATの4thデモ!ライブ会場では5/12から発売しています。

収録曲

  1. ポラリス
  2. breath of hope
  3. タイムカプセル
  4. Daylight
  5. PIED PIPER

Fire works

発売日
2016年10月15日
価格
¥500(税込)
レーベル
LEODRAT
規格品番
-

※廃盤

収録曲

  1. 52
  2. Naked
  3. No Ceiling (re:Rec)
  4. それでも

Free demo「ユアサイド / After Image」

発売日
-
価格
¥0(税込)
レーベル
LEODRAT
規格品番
-

※廃盤

収録曲

  1. ユアサイド
  2. After Image

FOCUS

発売日
-
価格
¥500(税込)
レーベル
LEODRAT
規格品番
-

※廃盤

収録曲

  1. Break Up
  2. No Ceiling
  3. evidence

LEODRATってどんなバンド?

LEODRATのプロフィール

2014年結成。

2016年に前任のベースが抜けるも、2017年5月にワダ ナオキが加入し現在の体制となる。


デモCD、フリーサンプラーとして「SWIM」「FOCUS」「ユアサイド / After Image」をライブ会場限定でリリース。全て完売。


2016年10月にindiesmusic.com & ライブ会場限定で3rd demo「Fire works」をリリース。


2017年にはTHE NINTH APOLLO主宰のVA「In the Stage 5」、WORLD WIDE records主宰のVA「VA.ZERO vol.1」に参加。


同年5月には再びindiesmusic.com & ライブ会場限定で4th demo「Rats, Kids and You」をリリース。


2018年2月、自主制作ながら1st Singleとして「gambit」をTOWER RECORDS & indiesmusic.com限定販売でリリース。


同年5月に1st Mini Album「Tidepool Singalong」を、本人たちもあこがれと話していたレーベル「Ailet Records」よりリリース。

LEODRATが鳴らす、強く優しい音楽

聴いた人の心をグッとつかむストレートな日本詞思わず拳をあげてシンガロングしてしまうような熱い楽曲がLOEDRATの音楽の特徴。


デモに収録されている「52」という曲。

これは非常に珍しい52ヘルツの周波数で鳴くクジラをモチーフに作られた曲だそうです。

この鯨はおそらくこの周波数で鳴く世界で唯一の個体であり、その鳴き声は1980年代からさまざまな場所で定期的に検出されてきた。「世界でもっとも孤独な鯨」とされる。

Wikipediaより引用



少しでも孤独を感じている人を強く優しく包むような、とても印象的な曲。


再録をめちゃくちゃ期待しています(笑)

一人じゃないんだ 僕らいつだって 君のそばにいるから
なぁ この手を今掴んで


52

どれだけ躓いても 君の道しるべになりたいだけ

コールサインを君に



LEODRATの曲は「がんばれよ」ってただ言うだけではなく「一緒にいこうぜ!」と手を引っ張ってくれるような、強くも暖かいメッセージが込められているような気がします。


荒削りだったライブもだんだんと研ぎ澄まされ、先輩達にあこがれるだけの若手バンドではなくなってきました。


ちなみに、「コールサインを君に」という曲のサビ(1:30あたり)とCメロのラスト(2:06あたり)の少しカスれそうな声。


あのライブ感は個人的にアガりました(笑)

LEODRATのMV

コールサインを君に

rebirth

PIED PIPER (MV)

まとめ

いかがでしたでしょうか?


英詞と日本詞を使い分け、熱さと優しさで観る人の心と手を掴む、これからのメロディック界の中心にいるであろうバンドであるLEODRAT


ライブハウスで拳上げて、みんなでシンガロングしようぜ!