SAME|三重発、メロコアと歌モノのハイブリッドバンドの魅力と楽曲を紹介

シェアする

ジャンル問わず勢いのあるバンドが多数いる場所である東海地方。

その東海地方の三重をホームにするSAMEというバンドを今日は紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

SAMEの基本データ

バンド名 SAME(サメ)
メンバー L→R
橋本 卓磨(Vo/Gt) / 大橋 武留(Gt/Cho)
公式HP SAMEオフィシャルサイト
公式Twitter @SAME_official
レーベル TRUST RECORDS

SAMEのディスコグラフィ

フラクタル

Liner

ファンファーレ

Bloom

TRUST TOUR 2015@渋谷TSUTAYA O-WEST

Image

SAMEってどんなバンド?

SAMEのプロフィール

SAMEが鳴らすポップな音楽

初期の方では英詞やメロディックのイメージが強かったSAME。


しかしバンド活動を続けていく中で、次第に今の音楽性になっていきました。


ただブレたといったようなことはまったくなく、SAMEの太いポップな芯はそのままです。


メロコアと歌モノのハイブリッド感がSAMEの最大の魅力であり個性のひとつ。


そこにSAME流のポップが乗っかってよりいっそうキラキラした曲になるんですねー!


トリプルボーカルを生かしたコーラスワークや、ギターの乗っかり方など、曲をキラキラさせている要素がSAMEには多いです。


あまりいろいろな要素を詰め込みすぎると、アルバム単位やバンド全体として見たときに、まとまりがなく感じられる場合もあると思います。


しかしSAMEにはそれがない。


バラードをやってもメロコアをやっても、あ〜SAMEだなって安心して聴けるんですよね。


それはメンバーの人柄とかにもよく表れてると思います。


バンドマンだけど素朴で、近所の兄ちゃんがめちゃくちゃいいバンドやってるみたいな安心感(クソ褒めてます)。


MCとかめちゃくちゃいい感じにゆるいしなぁ笑


そんな、変に飾ることのない彼らのストレートで等身大なメッセージだからこそ、すっと心に入ってくるんでしょうね。

何も変わらなくていいんだよ 大切な今を生きる幸せを

青い鳥

これから先は僕が君の背中を押してあげるよ 前を向けるように

ファンファーレ







うん!前向く!(錯乱)






SAMEの音楽に背中を押される人はきっとたくさんいると思います。

SAMEのMV

ジャーニー

Canvas

ファンファーレ

ペパーミント

そこに在る

Surely

LiLY

青い鳥

まとめ

周りにいるバンドと共に戦って上に行くために、彼らなりの信念を持ちながら現在のスタイルに進化していったSAME。


現在メンバーは2人になってしまってはいますが、そんな逆境もはねのけてこれからも進化し続けるSAMEに期待です!

スポンサーリンク

シェアする