Maki|疾走感と胸に刺さる歌詞を武器に戦う3ピースロックバンドの魅力や楽曲を紹介

シェアする

名古屋をはじめ東海地方のバンドが多く所属するレーベルである「TRUST RECORDS」

2018年、そのTRUST RECORDSに加入した名古屋の3ピースロックバンドMakiを紹介します。

スポンサーリンク

Makiの基本データ

バンド名 Maki(マキ)
メンバー L→R
まっち(Dr) / 山本響(Ba/Vo) / 佳大(Gt)
公式HP Makiオフィシャルサイト
公式Twitter @maki__jpn
レーベル TRUST RECORDS

Makiのディスコグラフィ

グッド・バイ

平凡の愛し方

GOOD MORNING TONIGHT

Makiってどんなバンド?

Makiのプロフィール

2015年7月に名古屋で結成された3ピースロックバンド


2016年の2月よりライブ活動を開始し、そのタイミングで無料配布音源「シモツキ」を配布開始。


未確認フェスへの参加や1st DEMO「秋の朝 夏の夜」の発売など、結成1年目ながら精力的に活動。


しかし同年、Drの横井章が脱退。


2017年1月にまっち(Dr)が加入。現在の体制になります。


名古屋のサーキットイベント「でらロック」への出演や2nd DEMO「文才の果て」発売、初のツアーを開催するなど、活動はより加速していきます。


「文才の果て」リリースツアーのファイナルにて、TRUST RECORDSへの所属と1st mini Album「平凡の愛し方」発売を発表。


2018年に入り、2月から5月まで「平凡の愛し方」リリースツアーを周り、ファイナルはソールドアウトで終えました。


11月には2nd mini Album「グッド・バイ」を発売。


聴く人の胸にささる歌詞とエモく疾走感のあるメロディを武器に全国で活動中のバンドです。


ちなみにバンド名の由来はあの女優、堀北真希さんだそうです。

Makiの鳴らす音楽

元々、佳大くん(Gt)が日本詞の歌モノにメロディックを掛け合わせた音楽をやりたいということで今の音楽性になったMaki


日本語で綴られる歌詞と、要所で入ってくる2ビートのリズム


これがMakiの強みであり個性で、全体的に疾走感がある楽曲が多い印象です。


BPMが速くなくてもエモいメロディとリズムがそうさせてるのかもしれません。


そして歌詞。嫌いな自分も過去の自分も、結局は「今の自分」を作っている要素。


全部ひっくるめて自分を愛せるように。若い世代だけじゃなくいろいろな人に刺さる歌詞だと思います。


ライブも熱量の塊


僕が初めて観たのは2017年の「文才の果て」リリースツアーでした。


確かその時いたお客さんの数は、多く見積もっても10人もいなかったと思います。


そういう状況でもめちゃくちゃ熱いライブをしていて、これが結成2年のバンドなのか…?と驚いた覚えがあります。


音源がとても聴きやすいバンドではありますが、ライブでは一瞬も目が離せなくなるような熱い音楽をやっているバンドです。


YouTubeとかのコメント欄にはマイヘア(My Hair is Bad)に似てるとか結構書かれてるの見ますけど、その一言だけで評価するのは本当にもったいないです。


ライブを観て、マイヘアとはまた違った良さがあることに気づけたのは僕の中でとても大きいです。

MakiのMV

秋、香る

平凡の愛し方

嫌い

まとめ

いかがでしたでしょうか?


こちらのインタビューでも、響くん(Ba/Vo)は「過ごしてきた日々を否定しなくてもいいと思う」と語っています。

Maki | 2YOU MAGAZINE
2015年7月、名古屋にて結成されたMaki。2016年よりライブ活動を始め、無料配布音源「シモツキ」の発表や1stデモ「秋の朝 夏の夜」をリリースし早耳のリスナーから高い評価を得る。2017年1月にDrまっちが加入し現在のラインナップが揃うとその活動はさらに加速し名古屋最大規模のサーキットイベント「でらロック」出演な...



今までの自分が嫌いだったり、忘れたい過去がある。


それでもMakiを聴いて、ライブを体感すれば、きっと過去の自分も好きになれるような気がします。