【邦楽ロック】2018年バズる!おすすめインディーズバンド50選

シェアする

2018年、個人的にバズると思うバンド50選

あけましておめでとうございます!(遅)今年もotobloをよろしくお願い致します。

今日は年始1発目の記事ということで、2018年個人的にバズると思っているバンドをどどどっと紹介します。

バズるとは
特定の単語や物事がインターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを意味する語。TwitterやFacebookなどのSNSで急に話題となった時に用いられることが多い。「口コミ」という意味のマーケティング用語「Buzz」を動詞化したものと思われる。
引用weblio辞書

この記事で好きなバンドが増えたらめちゃくちゃ最高です!それではどうぞ~!

ANABANTFULLS

Welcome to the Miracles



ハイトーンだったりマッシュだったりキレイ目だったり。
そんなシュッとしたバンドが流行る世の中に一石を投じる、漢気あふれる埼玉県北浦和のロックバンド「ANABANTFULLS」。
そろそろガツンとしたロックが必要とされてもいいんじゃないかなぁ。

公式HP ANABANTFULLSオフィシャルサイト
公式Twitter @anaban_xxxx

ank

ひとりじゃないんだぜ




こちらの記事でも紹介させてもらっているank。

ank|聴く人の日常にそっと寄り添う男女スリーピースバンドの魅力や楽曲を紹介
ank|聴く人の日常にそっと寄り添う男女スリーピースバンドの魅力や楽曲を紹介
人には人それぞれの人生があります(唐突)。 その人生の中で嬉しいことや悲しいこと、たくさんあると思います。 今日はそんな日常...

10月には待望の新譜「たまんない人生だった」リリース。

今を生きる人達の日常に寄り添う音楽。今年、きっともっと注目を浴びるバンドになるはずです。

公式HP ankオフィシャルサイト
公式Twitter @ank_jpn

AOBA

ただいま



AOBAも少し前にこちらの記事で紹介させていただきました。

【インディーズ】かっこいいバンドはたくさんいる!おすすめデモバンド達その3
【インディーズ】かっこいいバンドはたくさんいる!おすすめデモバンド達その3
恒例(にしていきたい)の個人的に推していきたいおすすめデモバンドをプッシュしていくコーナー! 「デモバンド」って? まだ全国...

活動歴はまだ1年ちょっとですが、フットワークも軽く2017年とても充実した1年だったようなので、今年もっと飛躍してもらいたいですね!

公式HP AOBAオフィシャルサイト
公式Twitter @AOBA_official

BAN’S ENCOUNTER

信じる唄



BAN’S ENCOUNTER、この記事で紹介させてもらった時はデモバンドでした。

ですがいよいよ1月17日にTHE NINTH APOLLOより初の全国流通デビュー。新しいベースも決まり、2018年は彼らにとってとても大きな1年になりそうです。

歌に芯があるバンドはやはり強い。レーベルも知名度アップの要因のひとつにはなると思いますが、やっぱりライブですよね。

公式HP BAN’S ENCOUNTERオフィシャルサイト
公式Twitter @BANSENCOUNTER

BUSTERCALL

Bell



こちらの記事で紹介させていただいた仙台の日本語メロディックパンクバンドのBUSTERCALL。

BUSTERCALL|東北仙台が産んだ日本詞メロディックパンクバンドの魅力や楽曲を紹介
BUSTERCALL|東北仙台が産んだ日本詞メロディックパンクバンドの魅力や楽曲を紹介
個人的にもメロディックバンドが大好きなんですが、英詞メインのバンド、日本詞メインのバンド、そして両方使い分けるバンド等、スタイルはバンドによ...

年明けの自主企画から無料配布シングル「未来のことを」配布。そして4月からは新しいデモを引っ提げて全国ツアーの予定、と2018年はより精力的な活動に要注目です!

公式HP BUSTERCALLオフィシャルサイト
公式Twitter @BUSTERCALL_info

climbgrow

極彩色の夜へ



メンバー全員が若干20歳のロックンロールバンド。
杉野泰誠(Vo/Gt)のハスキーな声や硬派な音楽性は、同世代のバンドではなかなか見られないかっこよさがあります。

しかしいろいろなものに対する不満や葛藤など、歌詞には彼らのリアルが表れていて、そこがまた引き込まれる理由のひとつになっているのかもしれません。

そういったすべてのものを打ち壊すために爪を研いできたclimgrow。今年さらにたくさんの人を魅了するんじゃないでしょうか。

公式HP climbgrowオフィシャルサイト
公式Twitter @climbgrow_

Cloque.

ポートレイト



そこにあるのが当たり前すぎて気付けなかった幸せを気付かせてくれるバンド、Cloque.。

MVを見る限り爽やかなライブをするのかな~と思いきや、彼らのライブはすごく熱量があって見応えがあります。

彼らはライブハウスで生きているバンドです。ぜひライブハウスに足を運んでみてください。

公式HP Cloque.オフィシャルサイト
公式Twitter @Cloque_Official

CRAZY VODKA TONIC

前人未踏



広島県福山市発のロックバンド。
流通前のバンドでありながらたくさんの有名バンド達と共演を果たしています。しかし正直もっと騒がれてもおかしくないような気がします。

3月14日に初の全国流通ミニアルバム『書を灯す』リリースするということで、これをきっかけに今年バズるのではないでしょうか!

公式HP CRAZY VODKA TONICオフィシャルサイト
公式Twitter @CrazyVodkaTonic

Danablu

Farewell



THE NINTH APOLLOへの所属が発表されたDanablu。
“メロディック”という言葉で括ることができないくらいのテクニカルな楽曲の数々。

彼らの真髄はライブにあります。特にリズム隊の芸術のような演奏は必見。ぜひライブハウスで!

公式HP Danabluオフィシャルサイト
公式Twitter @Danablu_osaka

DETOX

世紀末の詩



横浜出身THE NINTH APOLLO所属、MCとベースの2ピースバンド。

楽曲を聴くと、これはバンド?ってなる方もいるかもしれませんが、DETOXはバンドです。

何人編成だからとか、どんな曲だからとかは関係ない。

ライブハウスで観た人すべての心を掴んで離しません。

6月6日に生存者 後編をリリース、10月には生存者 前編をリリースします。

「ドラムもギターもいませんが困ってません」ってこんなパンチラインある?

公式HP DETOXオフィシャルサイト
公式Twitter @Detox_JP