埼玉北浦和のメロディックバンドRIDDLEのおすすめアルバム3選!

シェアする

埼玉県北浦和KYARAのメロディックバンドRIDDLE。

RIDDLE|埼玉県北浦和が誇るメロディックバンドの魅力や楽曲を紹介
RIDDLE|埼玉県北浦和が誇るメロディックバンドの魅力や楽曲を紹介
埼玉県の北浦和という場所をご存知でしょうか? いわゆるローカルではあるのですが、たくさんの才能の宝庫になっているちょっと特殊な場所です。 ...

ライブの際には必ず、埼玉県北浦和から来ましたという彼ら。

そんなレペゼン北浦和のRIDDLEの音楽は、とにかく切なさと速さを持ったメロディと、TAKAHIRO(Vo&Gt)&SHUNSUKE(Ba&Cho)のハーモニー、そしてザクザクに刻まれたリフが特徴的。

スリーピースでパワーコードをガーッていうオーソドックスなメロディックバンドももちろんかっこいんですが、こういうテクニカルなバンドもまた素晴らしいですよね。

今日はそんなRIDDLEのアルバムの中でも特におすすめの3枚を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ALIGHT


大名盤


初期の頃はどの曲もかなりダークな世界観だったRIDDLE。


2nd FULL ALBUMの「BLUE」でまたひとつ新しいステップへと進んだRIDDLEを、さらにひとつ上の次元へと押し上げたRIDDLE屈指の名盤です。


突然のメンバーチェンジを経て作られたこのアルバム。


日本人になじみのある哀愁あふれるメロディや疾走感、さらに磨きがかかったRIDDLE節全開のギターサウンドやコーラスワーク、曲のバリエーションも速いものからダンスナンバーまで様々な色をもつ楽曲たちであふれています。


今のRIDDLEの礎となったと言っても過言ではないアルバムです(個人的感想です)。

おすすめ曲

Another wish, another future




ライブでも鉄板の大名曲。


歌から入る曲ってMCから繋がるように入れるから個人的にめちゃ好きなんですよね。


そういう意味ではこの曲はライブのどのセクションにも入れやすいと思うし、シンガロングもあるしで盛り上がるんだと思います。


ALIGHTっていうアルバム名にぴったりなキラキラしたギターサウンドとメロディが秀逸な1曲。

MISTAKE




こちらもRIDDLEの代名詞にもなっている、ライブでも鉄板の1曲。


疾走感のあるイントロから徐々に上がっていくABメロ、そして爆発するサビ。


構成としてとてもわかりやすいからすぐに耳に入ってくるしライブでも盛り上がる。


でもちゃんと、RIDDLEだ!ってなるリフとかコーラスワークを随所に入れてくるのがこのバンドのすごいところ。

Reach to the horizon




ライブ映像になりますがこの曲も紹介させてください。


まずイントロから最高。ほんとこれ。
これから何が起こるというんですか!?って感じやばくないですか?(語彙力)


このアルバムで個人的に一番やられたのも曲。
サビでめちゃくちゃトべる。ふらいあうぇ~い言うて。


めちゃくちゃライブ映えする1曲だと思います。


この動画と同じようにReach to the horizonからAnother wish, another futureの流れほんますこ。

entities


前作から4年。

度重なるメンバーの脱退。そして活動休止。


幾多の困難を乗り越え、RX-RECORDSから自主レーベルLIGHTS ALIGHTSへと活動の場所を移し満を持してのリリース。


ギターリフやコーラスワークなどのRIDDLE節は前作から時間が経ったにも関わらず、健在どころか鋭さを増しています。


さらには地元の盟友であるHIROKI(ex.TRIBAL CHAIR)とShion Miura(Azami)をゲストに迎えたM-7のsoldiers,avengersや、某WRONG SCALEのオマージュ曲、M-5のmelt with you(曲名も寄せてますねw)や、このアルバムが出る少し前に活動を休止した某電話ズに向けて書かれたM-8のD.F.Dなど、幅広い楽曲を収録したメロディックファン待望の復活作品。

おすすめ曲

supersonic




「反撃の狼煙」という言葉がぴったりな、4年ぶりの復活作の1曲目を飾るに相応しすぎる1曲。


イントロからBPM速め、曲短め、バキバキのリフあり、シンガロングありのライブ映え必至の名曲。

H&S




まさしくタイトル通り「ハーモニー&スピード」


いろいろな表情を持つ楽曲を作ってきたRIDDLEが、一度原点に立ち返って鳴らすRIDDLE流のメロディック。


イントロのこれでもかというリフの畳み掛けから、哀愁節炸裂の美しいメロディ。


RIDDLEを短時間で理解したいならまずこれを聴きましょう。


それにしても曲の締め方完璧すぎるだろこれは…

BLUE


前作にあたる2nd mini ALBUM「Heart Out」から時間をかけて制作された2nd FULL ALBUM。


今までの活動で確立させたRIDDLE節はそのままに、日本詞を取り入れたりなど、バンドとしての方向性や意思を明確に提示した1枚。


まさに曲名にぴったりなイントロから始まるBlue、MysteryやCurtainといった、メロディにウエイトを置いたミドルナンバーや、セリーヌ・ディオンの名曲「To love you more」のカバー、そしてこれぞRIDDLE流のメロディックと言わんばかりのB.S.T.Kやライブでも盛り上がること必至なOne by oneやStop the timeと、前作から一気に世界観のバリエーションが増えました。


ただ希望を歌うだけではなく、人間の内にある葛藤や暗い部分をひっくるめた上でそれでも前に進むという強い意志を落とし込んだ名作。

おすすめ曲

Mystery




RIDDLEがゆっくりな曲を作るとどうなるかっていう問いの答えが多分これ。


まずいきなりピアノのイントロで始まります。これがまたすげぇいいメロディ。


メロで泣けるっていうのはこういうことなんだな。


いいメロディを作るRIDDLEだからこそできるこのメロディ。脱帽です。


もちろんそれだけではなく、ラストにばちっと上げていく構成力も完璧です。


ライブでもたまにゲストピアニストを迎えて演奏されていますがこれは絶対観た方がいい。


ちなみに、ALIGHT収録のSweet painのラスサビ前にはこのMysteryのフレーズが使われています。

Curtain




今までは英詞メインだったRIDDLEが今作から日本詞でも歌うようになりますが、まさにこれがバンドのスタイルとしてぴったりなのではないかと僕は思います。


そりゃ日本人の琴線に触れる哀愁感たっぷりなわけですから、そこに日本詞が合わないわけないんですよね。


ドラマチックな歌い出しから始まる、RIDDLEが鳴らすミドルナンバーの中でも屈指の名曲。


めしおさん…

B.S.T.K

MVはありませんが、絶対外せないこの曲。


略して暴走特急。まさに和製RUFIOといった感じ。


電車に間に合わない!みたいな歌詞なんですけど、これ初めて聴いてそういう曲だってわかる人おる?爆


そういう遊び心も入れつつしっかりメロディとスピードとリフで殺しにきてくれるから最高オブ最高というやつです。


ちなみにSONORITYってアルバムにはG.D.C.Pって曲があります。こっちは合同コンパ爆

まとめ

いかがでしたでしょうか?ほんとメロコアバンドと一言で括ることができないくらい多彩な楽曲ばかり。


RIDDLEは2018年で活動15年になりますが、演奏技術もさることながら、音楽的探究心に関しても非常にストイックなバンドです。


上で紹介したアルバム以外も全部いいからほんと聴いてみてください笑


Sweet painみたいにある曲のフレーズが別の曲にちょっと練りこまれていたりと、そういう遊び心もあってすごく聴いてて楽しいバンドですよ!


それに初期のsoundviewやbutterfly effectも、この歳でこのクオリティ!?って驚くほどの曲ばかりですし、ワンマン等の長尺のライブではそういう初期の曲も全然やります。


あ!あとはやっぱ外せないacceleratorが入ってるHeart OutとStarfieldが入ってるSONORITYと、あと最新作RISESも聴いてほしいですね!



だめだ、名曲多すぎるww
結局全てのアルバム必聴ですわw


ただですね。


ここまで語っといて何なんですけど、最初に紹介したALIGHTというアルバム。


僕このアルバム聴いたとき、実はピンとこなかったんです。


恐らく理由は自分の音楽的引き出しが圧倒的に少なかったから。


こういうものをかっこいいと思える感性がまだ育ってなかったんですよね。


行きたいライブの対バンにRIDDLEがいたから、観たことないけど予習しとくか~って軽い気持ちで聴いたんです。


あ~こんな感じね。くらいの感想をもって初めて観たライブで完全にやられるわけです。


その後もう一度聴き直してからはまるで違う曲に聴こえました。鳥肌止まらんかった。


そういう意味でも、RIDDLEは音源よりもライブだとはっきり言えます。




つまり。




ライブに行きましょう。



よろしければシェアお願いします!