【CDレビュー】ONIONRING満を持しての全国流通盤「Trajectory」を聴いた

シェアする

ONIONRING Trajectory

2018年4月4日、名古屋のメロディックパンクバンド「ONIONRING」が満を持しての全国流通盤「Trajectory」をリリースしましたー!めでたい!

聴いたら記事書こうと思ってたのに何周もしてたらこんな時間経ってた爆

全国デビューまで時間はかかったものの、時代の流行に流されず自分たちの音楽を貫き通した彼らの自信作を聴きました!

ちなみにこちらの記事でバンドの紹介もしているのでぜひ!

ONIONRING|グッドメロディを奏でる名古屋発メロディックパンクバンドの魅力や楽曲を紹介
ONIONRING|グッドメロディを奏でる名古屋発メロディックパンクバンドの魅力や楽曲を紹介
名古屋、ひいては東海のシーンはメロディックや日本詞、ジャンルを問わず活きのいい若手バンドの宝庫となっています。 今日はそのバンド達の中でも...
スポンサーリンク

収録曲

Fireworks


まさに1曲目にぴったりな最高にわくわくする1分間。


これまでのデモ音源には未収録だったこの曲。がっつり再録してきたわけですけど、コーラスワークにさらに磨きがかかってて本当に鳥肌。


全曲に言えることですが音の広がり方がすごいことになってます。本当に3ピースかよ。全国流通盤すげぇ。


ライブでもさらに強力になっていくであろう彼らのキラーチューン。

After the Rain

過去作には入っていませんでしたが、ライブではわりと定番曲だったこの曲。

やっといつでも聴けるぜ…感動です。


Fireworksのこれぞメロディックといわんばかりの2ビートから変わって8ビートのこの曲。


結局、いいメロディはどんなビートにも合うんだなと改めて思わされます。


曲のいたるところでシンガロングできる名曲。個人的にイントロの入り方が好き。

Awaking Now

TRY AND TASTE IT!より再録。


僕が現在のONIONRINGの曲の中で一番好きな曲笑


本当にどこのメロディを切り取っても最高という感情しかない。


イントロのわくわくするメロディ、AメロBメロのツインボーカルの掛け合い、サビのコーラスワーク、ラスサビ前のちょっと転調する感じ、ラストのドタドタドラムでたたみかけるところ、すべてが完璧です。


サビ終わりの「イイネー!」はクソ笑った笑


メロディックのいいところをたくさん詰め込んだド名曲。

Exit

REPAINTより再録。


Ba.Voタスクの歌いだしから始まり、ツインボーカルの強みを生かした掛け合いが映える曲。


Cメロのメロディがマジで最高すぎる。


ギターもしっかりアレンジされてて唸り狂ってます笑


ラスサビで少し落としたりと、緩急がしっかりあって聴いてて飽きません。

Dear My Old Friends

完全新曲。


7年前に旅立ってしまった友達に向けて作ったDeparture(TRY AND TASTE IT!収録)のアンサーソング。


このアルバムの中でも一番切ないメロディではないでしょうか。


「また会える日まで」という言葉にぴったりなセンチメンタルさ。

だけど最後にはメロディも上げてきて、この先の希望も感じさせてくれるようなそんな曲。


サビ直前のクリーンがニクい。

Summerend

THREEより再録。


もうほんとフロアにいる全員と肩組みながら大合唱したい曲No.1。

イントロから名曲感漂いまくり。


変則的な展開だったりいきなりクリーンが入ってきたり、一体どんな育ち方したらこんな曲できるんだよ(褒めてます)。

聴きどころが多すぎて大変。


ライブでも最後に演奏されることが多い曲。

みんなで大合唱しようぜ。

Unperfect Days

名盤「Trajectory」のラストを飾るのは完全新曲のこの曲。


自身初の全国流通盤のラストに完全新曲を持ってくるって結構勇気のいることだと思うんですけどどうなんですかね?

絶対Summerendだと思ってた笑


でもこの曲がまたぴったりなんですよね…。


まさにひとつの映画のエンドロールを見せられているような、そんな感覚になります。


しっかりラストでメロコア感バチっと出してくるところも最高オブ最高。


今までのオニリンとこれからのオニリン、双方が詰め込まれた次に繋がっていく曲です。

まとめ

ONIONRINGってメロディックバンドなんですけど、一口でメロディックって言葉では括れない、展開とかメロディラインとかコーラスワークの良さだったりとかが、どの曲にもギュッと凝縮されてるんですよね。


だから本当にいつ聴いても、何度聴いても飽きない。


この音源について、あの名古屋の04 Limited SazabyのGENくんも大絶賛。


本当にこのツイートの通り。


売れる音楽を追求しすぎて方向性がよくわからなくなってしまうバンドが多い中、自分達のスタイルや音楽を信じて貫いてきた彼らには全力で拍手を送りたいです。


洋楽邦楽関係なく、彼らがルーツを受けてきた音楽達がしっかり彼らの曲の中で生きているのを感じられます。


この名盤からメロディックシーンは変わっていくでしょう!
まだ聴いてない人はぜひチェックを!